氷からかき氷が作れるのは、だれでもわかることだけど、飴玉から綿菓子ができるというのは、エポックメーキングでワンダフルなことである。
ゼロ金利の時代、お金を預けてもお金は増えない。しかし、この商品は、飴玉から想像がつかないくらい大きな綿菓子ができるんだから夢も希望もふくらむんじゃないか!

大阪では一家に一台『たこ焼き器』があるという都市伝説が存在するが、日本全国に『わたがし名人』が一家に一台、そんな時代がきっとくるだろう。

コットンキャンディメーカー【わたがし名人 本体カラー:ブルー】

玄人受けするどこにでもありそうな安易な名前『わたがし名人』。
うまくできれば『わたしが名人』ということくらい凡人のわたしでも読めてしまう。

クリスマスのイベントやお誕生会や不意の来客にも使える『わたがし名人』。

お祭りの屋台が自宅で再現できる非日常性をもたらす画期的な商品。
ぜひ、一家に一台常設しておきたい『わたがし名人』。