インターネットの決済にクレジットカードを使うことは、もはや当たり前の時代になっているが、海外サイトやマイナーなサイトでは使いたくないものだ。
そんな時、安心して使えるのが『ペイパル』と『Vプリカ』である。

ペイパル

ペイパルで支払うということは、ペイパルが代行して支払いを行うということである。
したがって、ペイパルにあらかじめペイパルの支払いに使う自分のクレジットカードを登録しておく必要がある。
ペイパルを使って支払った分だけ、自動的に登録しておいた自分のクレジットカードから引き落とされていく仕組みになっている。

Vプリカ

Vプリカはライフカード株式会社が発行しているネット専用のプリペイド式クレジットカードである。
VプリカのVはVISAのVなのかVirtualのVなのか?
そんなことはどちらでもいいが、プリペイドカードなので事前に購入しておく、Vプリカで支払えば、支払った分だけVプリカの残高が減っていく。
購入先は、Vプリカのホームページやコンビニ等である。
購入にあたって、クレジットカードのような審査は無いが、日本では一応18歳以上でないと購入できない注意書きがある。

Vプリカ購入前に注意しておくことが2つある。

ひとつめは、普通に買うと割高になること。
たとえば、2000円のVプリカは2200円だ。
しかし、ライフカードで決済すると2000円で購入できるし、コンビニでもキャンペーンの時は2000円で購入できる。
ポイント交換で等価交換できるところもあるので、普通に買うべきではないだろう。

ふたつめは、休眠カード維持費というのがかかる。
最後にVプリカを利用した月から未利用のまま3ヶ月を経過した場合、未利用残高の管理費用として、翌月25日に月額125円(消費税込)をVプリカの残高より差し引かれる。

あと、有効期限が1年間ということも注意しておかなければならないし、あまった端数の残高は1円単位で購入できるアマゾンギフトカードなどに変えておく運用をしなければもったいない。