関西では人気のeo光、TVコマーシャルをガンガン流しているのもあって関西では有名である。『NTTフレッツは高く、eo光が安い』といったイメージをほとんどの関西人は持っているように思う。
eoのCMも安いイメージを強調している。

しかし、現実は違っている。

確かに、一昔前ならNTTは高かったが、ここ3年くらい前から逆転している。

eo光が、NTTフレッツより安いのは1年目だけであって、2年目以降はNTTフレッツの方がずっと安くなる。

昔から、通信キャリア全般に言えることだが、新規ユーザーだけが優遇され、既存ユーザーは冷遇されてきた。
NTTも過去はそうだったが、最近になって、かなり改善されてきたのである。

しかし、eo光は、旧体制のままである。

ちなみに、ネット接続だけを比較してみても

eo光は、キャンペーンで1年間 月額2,953円だが、2年目以降は4,953円になる。

それに対して、NTTフレッツ光は、6年間 月額3,810円 で6年目以降も少しづつ安くなっていく。

いくら、唐沢寿明を使ってCMを流しても、賢い消費者は騙されない。

根本的な対策を考えてもらいたいものである。