知らないと損をするのは世の常である。インターネットや携帯電話、一般ピープルの理解度は無知に等しい。それが現実である。
格安simも言葉は知っていても、大手3キャリアに長年洗脳され続けてきた一般ピープルはほとんど知らない。これが現実である。

ちなみに、格安simを販売する会社をMVNO(「Mobile Virtual Network Operator」日本語では「仮想移動体通信事業者」)と呼んでいる。MVNOは大手キャリア(現時点でドコモとau)の回線をまとめて買って庶民に安く販売して利益をあげるといったビジネスモデルである。

今、MVNOのひとつであるU-Mobileが魅力的なキャンペーンを実施している。
通常、最初に契約事務手数料(sim代金)として3000円を支払い、simを入手し、毎月利用料を支払う。
このキャンペーンは、simが送られてきた日をひと月として、2か月間無料で試せるというものである。
もちろん、契約事務手数料(sim代金)は無料で、試用期間内ならキャンセルも可能。

はじめて、格安simを試してみるのにうってつけである。

わたし事ではあるが、知人宅の通信量見直しアドバイスをやっており、現在の通信費月額2万円を4千円程度(1.6万円削減)にするための施策の一つとしてU-Mobileを検討している。