電話勧誘でおなじみの光コラボレーション

自宅の電話にNTTのインターネットを安くできますよ!という内容の電話が良くかかってくると思う。電話番号をどこで調べたのか? 迷惑な話になることもある。
大概、NTTの代理店からの光コラボレーションの勧誘電話である。

光コラボレーションとは

光コラボレーション(以下、光コラボ)は、今までNTT東西がユーザーに提供していた「フレッツ光」を、光コラボ事業者が独自にお客様へ提供できる光インターネットサービスの総称のことである。

こんな説明ではわからない方も多いだろう。

今まで、NTTはフレッツ光という回線を提供してきた。インターネットを使うためにはNTTとの契約以外に、プロバイダーというサービスを提供している会社と契約する必要がある。
光コラボレーションは、フレッツ光の回線とプロバイダーサービスの窓口がひとつになったものであると理解するといい。
そんなわけで、光コラボレーションは従来のプロバイダーが、提供している場合がほとんどである。

ちなみに関西で有名な関電系列のケーオプティコムが提供しているEO光は、光回線もプロバイダーサービスもケーオプティコムが提供しているから最初からオールインワンのサービスである。
当然、ケーオプティコムの場合は、他のプロバイダーを選ぶことは出来ない。

光コラボレーションの行方

各プロバイダーのホームページを見ると、光コラボレーションがメインになっていることが多く、従来のプロバイダーサービスのコンテンツは影を潜めている。
どうやら、これからは光コラボレーションが主流になっていくことが予測できる。

光コラボレーションの選び方

キャンペーン特典

光コラボは、プロバイダやキャリア自身が行っている場合とNTTやソフトバンクの代理店が行っている場合がある。
代理店が行っている場合の方が、キャッシュバックが付いていたりしてお得なケースもあるので是非検討した方がいい。
プロバイダやキャリア自身が行っている場合の特典は、プロバイダーサービスに相当する費用を1年間無料にしたり、新規のフレッツ回線工事費用をキャッシュバックする場合が多い。

転用と新規について

転用とは、既にNTTのフレッツ回線を契約しており、このまま契約だけを切り替えるということなので、何の工事が入らない。新規の方は、新しく光コラボ(フレッツ回線+プロバイダーサービス)を契約することになるので、フレッツの工事費用が発生する。

気になる回線速度のこと

回線速度はプロバイダーで大きく変わることがあるが、同じプロバイダーでも地域によっても変わるので速いか遅いかを判断することは出来ない。
ネットでの評価は参考程度にしておくことだ。

ギガ回線だからといってもそんなに速いわけではない

フレッツ光ネクストのようなギガ回線でも、IPV6という新しい通信プロトコルを採用している一部のプロバイダ以外では、100Mbpsや200Mbpsを超えるような回線速度は絶対にでない。

光コラボレーションの紹介

ソニー系列の大手プロバイダーSonetの代理店が販売している光コラボ。
代理店とSonet本体が行っているキャンペーンは別物なので注意が必要である。
すなわち、キャンペーンの両取りはできないので、SONETを選ぶときは、SonetとSonet代理店との条件を比較検討する。


NTT系列NTTコミュニケーションのプロバイダー最大手OCNの代理店が販売している光コラボ。
OCNの特典+代理店独自の特典(キャッシュバック)があるのでお得。